2013年9月
« 5月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Archive for 9月 11th, 2013

WiMAXの通信範囲

下り最大40Mbpsと高速インターネットが売りのWiMAXですが、快適に利用するために知っておきたいいくつかの特性があります。
今回はそのWiMAXの通信特性を紹介いたします。

【WiMAXの通信範囲】
モバイルWiMAXは、規格上の通信距離は1km-3kmとされています。
ただこれはあくまでも規格上の数値であり実際の通信距離とは異なります。
モバイルWiMAXの実際の通信範囲は約1km程度と言われています。
また都市部では750m以下で設計されているようです。
ですから極力エリアをカバーするために基地局は基本的に1km以内の間隔で点在するように設置されているはずです。
ですから、基地局に近い所に利用ポイントがあれば快適な環境で利用できますし、逆に基地局と基地局の谷間の様なポイントではどうしても受信感度が落ち通信速度が低下してしまいます。
快適なポイントを見つけて利用するか、なるべく基地局の方角に向けて端末を設置するようにして利用するのが良いでしょう。

【移動時の通信状況】
WiMAXは設計上では端末が時速120kmで移動中でも通信可能となっています。
例えば車で移動中であってもサービスエリア内を通過していれば常にインターネットに接続することができます。
これは電車でも同じことで、トンネルや地下鉄のように電波が遮断されない限り電車の移動中でもインターネットに接続できます。
ただし、新幹線の場合は時速120kmを超えてしまいますので通信は不可能です。
WiMAXオプションサービス
でも、UQ WiMAXの場合は特急や新幹線の中でも使える「UQ Wi-Fi」という無料のオプションサービスがあります。
これを利用すると、東海道新幹線や成田エクスプレス、スーパーひたち/フレッシュひたちの列車内、空港公共スペース等の無線LANが無料で利用できるようになります。

【通信エリアの拡大】
UQコニュニケーションズ(UQ WiMAX)では、随時エリアの拡大に力を注いでいるようです。
主要都市では人口カバー率は高いのですが、ビルの影や商店街など電波が遮断されやすい場所があります。
そのような場所にも小型の基地局を配置してエリアをカバーするようにしています。
小型基地局
また、地方においては基地局の数を増やすように進めていて、基地局同士の間隔が広い所などをなるべく埋めるように努力しているようです。

こちらも参考にどうぞ
WiMAXの通信速度

WiMAXを快適に利用するには、電波の受信条件の良いポイントを探して利用するようにしましょう。